最高品質のCDプレスを最低価格で!!国内最大手のメジャー工場で究極の高品質!!激安の最高品質プレスはCDプレスJAPAN
CD制作から製造はもちろん、ジャケットデザイン、マスタリング、音楽配信、全国発売、レコーディングなども格安で承っております。
激安の最高品質プレスはCDプレスJAPAN(国内プレス専門店)最高品質を最低価格で!!CD制作から製造はもちろん、ジャケットデザイン、マスタリング、音楽配信、全国発売も格安で承っております!!
皆様の夢の形作りを応援します。お気軽にご相談下さい!!
お見積もり
お申し込み
CD制作の流れ
選ばれる理由
テンプレート
FAQ
CDプレス用語集
ビジネスパートナー募集
お問い合わせ
 
CDプレス ジャケットデザイン マスタリング 全国発売・音楽配信 WEB制作 オプション・その他
CDプレス用語集
●CDプレスに関係した用語集です。

【CD】
コンパクト・ディスク(Compact Disc)の略称。光ディスクの一種で樹脂でできた円盤に極小の凹凸を刻んでデータを記録するメディア。音楽やデータの保存アイテム。データ容量は700MB。

【CD-DA】
音楽用CDのこと。「レッドブック」(CDメディア規格書)で定められた仕様に沿って作成された記録媒体。サンプリング周波数44.1khz,量子化16ビットのOCM方式にてデジタル録音を行ったDISC。

【CD-EXTRA】
CDにCD-DA(音楽)とデータを共存させているマルチセッションCD、あるいはブルーブックに規定されている仕様の名称。

【DDP】
Disc Description Protocolの略。マスタリングした音源の音質をいかに劣化させず、その他の情報もセットで入れられるか?のUマチックに代わる新たな回答がDDP でした。アメリカ等海外では5年前くらいから使用されており、日本国内では2005年辺りからDDPは使われ出しました。2009年の段階では大手レコー ドメーカーの7割近くがDDPでの入稿を行っています。ただし、インディーズではまだほとんどCD-R = PMCD(プリマスタリングCD)をマスターにしているのが現状です。現在、規格としてはCDとDVDの兼用となった2.00が音楽業界では使用されており、スタジオやマスター集配センターから工場への受渡しはDVD-Rかインターネットでの転送で行われています。その転送はFTP等でも可能ですが、国内大手プレス工場の場合はセキュリティーなどの観点から日本ワムネットが運用している専用線を使って伝送するのが標準となっています。規格の詳細は日本レコード協会のサイトにて「CD用マスタDDPファイル互換性ガイドライ ン」を参照してください。

【オフセット印刷】
印刷用の刷版に凹凸が無く、科学的な処理で印字部分だけにインクが乗るようにしてあり、この刷版をローラーに巻きつけて印刷すること。CD・DVDプレスにおいては写真やグラデーションなどの細かなデザイン、多くの色を使っているデザインに適しています。C(シアン=水色)、M(マゼンタ=ピンク)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4色のインクと下地の白の掛け合わせでフルカラーを表現します。

【シルク印刷】
絹の布目を使って印刷をする技法。孔版捺染法のひとつ。写真や画像を含むものやグラデーションを含むものには適しません。ベタ塗り中心のデザインで3色以内のものであればこちらがお勧めです。オフセット印刷よりも質感が高く仕上がります。

【ライト・ワンス】
ディスク・アット・ワンス(DAO)とも呼ばれ、オーディオCDのマスターを制作する際に、全てのデータを一気に記録する書き込み形式です。書き込み開始(リードイン)から書き込み終了(リードアウト)まで、一度に記録します。ライト・ワンスで書き込んだ後は、空き容量があっても追加書き込みが出来ません。

【トラック・アット・ワンス(TAO)】
音楽データを、トラックごとに記録していく書き込み形式です。書き込んだ後でも追加記録ができます。「トラック・アット・ワンス」形式で制作されたマスターCD-Rの場合、スタンパー製作時にエラーが発生する可能性が高いため、CDプレス用のマスターCD-Rは 「ディスク・アット・ワンス」形式での書き込みが必要です。

【トレイ】
Pケースに組み込む、CDをセットする部分です。白・黒・透明の3色よりお選びいただけます。

【レーベル】
CD盤面のことです。

【バックインレイ 】
CDケースのトレイ下にセットされる、裏ジャケットのことです。両側にミシン目が入り、折り込んだ部分をケースに組み込むと、「背」部分となります。バックカードと同義語です。ちなみに表側に配置される印刷物は(フロント)ジャケットと言います。

【Pケース】
ジュエルケースとも呼ばれる12cmCD用の一般的なプラスチックケースです。表面には32ページブックレットまで組み込みができ、キャラメル・シュリンク・OPP袋包装が可能です。トレイは白・黒・透明からお選び頂けます。

【マスター】

マスタリング・オーサリングを終えた原盤のことです。マスターからスタンパーを製作し、量産プレスを行います。

【スタンパー】
CDを量産するための金属製の型(原盤)です。プレス工場で製作され、この型をもとにCDを量産プレスしていきます。お客様から提出されたマスターディスクを元に作成されますが、マスターに細かなエラーが多く含まれている場合、作成出来ない事があり、その場合はマスターを再提出して頂く事になります。劣悪なブランクメディアを使ったり、高速で書き込みを行いマスターディスクを作成したりするとスタンパーを作成するのに十分なクオリティでなくなる場合がありますのでご注意下さい。不十分なクオリティのマスターを受付けないのは、それをもとに量産して、一部のプレイヤーなどで再生出来ないといったようなリスクを減らすためです。マスター作成用のブランクディスクも販売されていますのでそれらを使用して作成することをお薦めします。

【マスタリング】
プレス工場でCD/DVDプレス用のスタンパー(金型)を作成する工程を「マスタリング」といいます。しかし一般的には、音圧・音質・時間調整などの音源編集により、通常の市販CDとして最適な状態にし、収録曲を曲間タイム調整も含め並べる事をマスタリングと呼んでいます。本来これは「プリマスタリング」と呼ぶべき作業なのですが、通常の音楽CDを作る際によく使う「マスタリング」と云う言葉は大体、「プリマスタリング」の事を指しています。マスタリング(プリマスタリング)はCD制作において重要な工程であり、機材等の環境によっては不具合が生じる場合があるため、当社エンジニアにお任せ頂く事をお薦め致します。ちなみにマスタリングでは音源全体を調整(ファイナライズ)した後、検証盤作成→チェック→工場プレス用マスター作成までが作業に含まれています。

【プルーフ】
検証版(確認用デモ)の事です。特に大量のプレスなどの場合、納品物と同様のディスクを数枚作成し、確認をとったあと大量プレスを開始します。この確認用のディスクの事をプルーフと呼びます。
また、マスタリング時に工場プレス用マスター作成前の確認用デモとして作成されるディスクの事も指します。

【観音折り】
ブックレットの折り方のひとつで、 横長4面の両側のページを内側に折り込む加工です。

【アウトライン化】
Illustratorで文字情報を図形化することです。変換すると、文字自体が「図形」になるので文字化けしません。逆にこれを行わないとデザイン制作したパソコン以外のパソコンでファイルを開いた場合に正常なフォントで表示されない場合があります。ご支給いただくデータは、すべて文字をアウトライン化して頂く様お願い致します。

【網点(アミテン)】
印刷インクの、小さな点の集まりのことです。この点の大きさや密度で濃淡が表現されます。隙間なく点が集まった状態が100%で、いわゆる「ベタ塗り」の状態となります。パーセンテージが0%に近くなるほど隙間が広がり、点一つひとつが目立った状態になります。

【EPS形式(イー・ピー・エス)】
画像ファイルの保存形式のひとつで、PostScript(ポストスクリプト)というプリンタ出力用の形式です。プリンタ出力用の形式のため、パソコンでは正確に表示出来ないので、画面では粗く表示されますが、実際の印刷時はきれいに出力されます。

【解像度(かいぞうど)】
画像のキメ細かさを表す数値のことです。単位は「dpi(ディーピーアイ)」(dots per inch) です。解像度の数値を高くするほど、ひとつのドットのサイズが小さくなり、キメ細かな画像になります。当社では画像データの保存には350dpiを推奨しています。

【簡易校正】
量産前に確認する、簡易的な印刷校正のことです。印刷工場にて専用機で出力したものを、お客様にお送り致します。本印刷の前にデザイン位置の確認や、文字化け・文字間違いなどがないか、チェックができます。但し、実際の印刷に使用する印刷機・用紙・インク等ではないため、色味は仕上がりと異なります。

【キャラメル包装】

開封用のひもが付いているフィルムで包む、包装方法です。キャラメル箱やタバコの包み方と同じ包装で、Pケース包装ではもっとも一般的なパッケージです。ヒモ状の明け口を引っ張って開封できます。

【シュリンク包装】
フィルムを加熱して収縮させ、製品を包む包装方法です。 ビニール包装のひとつです。特に開け口はなく、完全に密封する形の包装です。厚紙ケースなどに使われます。

【OPP袋】
開け口にのりが付いており、何度でも開閉が可能なビニールの袋のことです。

【不織布(ふしょくふ)】
ディスクを封入する科学繊維製の袋です。片面が透明ビニール、もう一方が布のタイプのケースで記録面を布側、表面(盤面)をビニール側にして収納します。貼り付けタイプもあり、雑誌の付録などで使われています。

【コート135kg】

「塗工紙」のひとつで、表面の光沢が出るように加工されている為、色が鮮やかに表現できます。主にジャケット印刷に使用され、「kg」は紙の厚さをあらわします。

【CMYK】
オフセット印刷で使用する4色のインクで、C(シアン=水色)、M(マゼンタ=ピンク)、Y(イエロー)、K(ブラック)のことです。この4色のインクと下地の白の掛け合わせることでフルカラーを表現します。

【抜き合わせ】
印刷手法のひとつです。下地の色と上に乗る文字や線の色が混ざり合わないよう、重なる部分は下地に色を付けないでおく方法です。「抜き」ともいいます。

【スパッタ】
CDの内径が23mmの場合、盤面中央のプラスチック部分に敷かれる、アルミニウムの膜(銀色の部分)のことです。CDの裏側を見ると確認できます。内径46mmから23mmの間の透明部分を隠すために敷きます。

【DICカラー(ディックカラー)】
主に、CDレーベル面のシルク印刷に使用する、単色のカラーインクです。大日本インキ化学工業のカラー印刷用特色インキ名称です。オプションでブックレット等の印刷物にも使用できます。

【品番】
CD/DVD製造の際に必要なディスクの管理番号となります。「半角アルファベット大文字+ハイフン(-)+半角数字」の組み合わせでご指定下さい(例:WWCD-0001)。CDやDVDの販売用製品の場合、帯・盤面などに必ず、この品番が表記されますが、もし配布用などの場合でしたら、品番はあくまでも「弊社とプレス工場の管理用」番号としての意味しかありませんので、ご提示頂かなくても結構です。

【表記事項】
(C)・・・著作者「Copyright」の略
(P)・・・原盤権利者「Phonogram」の略
(L)・・・原盤制作地(国内原盤)
(Y)・・・原盤制作地(外国原盤)
(X)・・・貸与禁止

 
 
 ▲ページトップへ戻る
 
Copyright (C) 2010 CDプレスJAPAN. All rights reserved. | 特定商取引法に基づく表記 | 個人情報保護方針 | リンク |